毎週金曜日の朝、渋谷・道玄坂で開催している会員制朝活コミュニティ「朝渋」。
8月18日は、『強みを活かす』の著者である、サイバーエージェント取締役の曽山哲人さんをゲストにお招きして、ワークショップ型の朝読書会を開催しました。

イベント内で実施したのは、新著『強みを活かす』内でも紹介されている「価値観9ブロック」と「キャリアライン」という2つのワーク。
人事として長年活躍されている曽山さんに「強みの活かし方」をわかりやすく教えていただきました。

曽山哲人(そやまてつひと)さん
株式会社サイバーエージェント取締役人事統括。上智大学文学部英文学科卒。株式会社伊勢丹(現・株式会社三越伊勢丹ホールディングス)に入社し、紳士服の販売とECサイト立ち上げに従事したのち、1999年株式会社サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業部門の営業統括を経て、2005年人事本部長に就任。現在は取締役として採用・育成・活性化・適材適所の取り組みに加えて、ソーシャルメディアでの発信なども行っている。

強みの源泉は自分の価値観

最初に実施したのが「価値観9ブロック」というワーク。
自分の大切にしている価値観をもとに、強みの源泉を見つけることができます。

やり方は以下の5ステップ。
①ノートなどの白紙を用意し、3×3の9つのマスを書く
②真ん中のマスの中に自分の名前を書く
③残りの8つのマスに、「自分が大切にしている価値観」を書き出す
④周りの人と少人数のグループを作り、大切にしている価値観をシェア
⑤書き出した強みの中から「一つだけ力を入れて見るもの」に○をつける

「自分が大切にしている価値観」とは、自分の心に強く残っている信条や言葉のことです。
時間は3分程度に設定し、その時間内で思い出せるだけ書き出してみます。
そのときに全て埋まらなくても問題ありません。

とても簡単ですが、これだけで十分にその人の強みを知ることができます。
ポイントは、時間を短く設定して「大切にしている価値観」を考えること。
時間を長く設定すると、周りから評価される印象の良い自分を演出してしまいます。
短い時間で浮かび上がってきたものこそが日頃から意識している価値観であり、自分自身の強みの源泉と言えるのです。

価値観が自分の強みになるのか疑問に思う人もいるかと思います。
しかしワークを実践すればわかりますが、書き出す内容は人によって十人十色。
一人ひとり大切にしている価値観は、想像もつかないほどバラバラです。
つまり自分の大切にしている価値観に関して、自分は他の人よりも多く考えていることになるわけです。
それだけで他の人にはない個性であり、競争優位となる強みの源泉となります。

強みの源泉となる8つの価値観を書き出せたら、それをグループ内でシェアするとさらに効果的です。
話題が見つかることで会話が弾むのはもちろん、価値観がわかることで相手に対して興味を示すことができます。
お互いの理解が深まり共通項が見つかることで、より密な信頼関係が築けます。

最後に、8つの中で特に一つだけ、力をいれてこれから伸ばしたい強みを決めます。
決まったらその強みに○をつけ、日常の中でどのように意識して使っていくかを考え、ブロックの余白に書き出します。
自分の強みは日々の生活の中で意識して実践することで、さらに磨かれていきます。

これまでのキャリアから見えてくる強みと弱み

もう一つ実施したのが、「キャリアライン」というワーク。
これまでの自分の人生のストーリーから自分の強みと弱みを見つけ出していくものです。

やり方は以下の4ステップです。
①ノートなどの白紙を用紙し、上下を二分割して、横に一本の線を引く
②横を「時間軸」、縦を「成長」とし、幼少期から現在に到るまでの成長変換を一本の線で描く(真ん中の線より上であれば「飛躍」、下であれば「苦労」になる)
③キャリアラインから見える自分の強みと弱みを書き出す
④周りの人と少人数のグループを作り、強みと弱みをシェア

我々が持つ強みと弱みは、いくつか先天的なものもありますが、ほとんどが人生の中で磨かれたものです。
たとえば、上に登っている飛躍の経験で磨かれた強みや苦労や逆境の中で露呈した弱み。
自分のキャリアラインを使って振り返ることで、自分の育った背景の中で出た特徴に向き合うことができるのです。
そしてまた、自分一人で客観視するだけでなく、上司や仲間と一緒にこのシートを使って議論することで、お互いの理解が進み共感し会える関係性になります。

ワークショップ形式だったことで、いつも以上に朝から活気に溢れたイベントとなりました。初対面だった参加者同士がお互いの強みを理解しあうことで打ち解けていき、最後には各々のビジョンを楽しげに語り合っている姿がとても印象的でした。

今回、曽山さんに紹介していただいた2つのワークは、今まで気づいていなかった新たな強みが見つかるだけでなく、相手との関係性も良くなる素晴らしいものでした。
イベントに参加できなかった方も、ぜひともこちらのワークをお試しください。

そして、さらに詳しく「強みの活かし方」を学んでみたくなった方は、曽山さんの『強みを活かす』をご覧ください。

曽山哲人さん、ありがとうございました!

会場提供: BOOK LAB TOKYO