ホーム 朝渋とは?

朝渋とは?

朝渋(朝活コミュニティ)

「働き方改革」で、長時間労働より短時間での仕事のパフォーマンスが求められる昨今、脳がクリアで生産性の高い「朝の重要性」が見直されています。さらに、早起きは仕事のパフォーマンスを上げるだけでなく、「早く起きる」という自分との約束を通した「人生の基盤作り」ともなります。こうしたメリットのある早起きをできるだけ多くの人の習慣とすべく「朝渋」はスタートし、1年で200人を「早起き」に変えることに成功しました。

「朝渋」は、夜の街というイメージが強い「渋谷」を中心に活動。実は、一見朝活に縁遠そうな渋谷は、高い成果を求められるベンチャー企業が集まる地でもあり、より良い働き方、生き方に関心が強い若者が多い街でもあります。「朝渋」はそんな渋谷から早起き文化を発信し、「日本の朝を変える」ため活動しております。

「朝渋」の中でも好評なのは、朝7:30から渋谷・道玄坂のブックカフェで話題の本の著者をお招きする「著者と語る読書会」。会員以外も参加でき、朝早くの開催にも関わらずこれまで4000人以上を動員してまいりました。 乙武洋匡さん、箕輪厚介さん、はあちゅうさんなど話題の人をお呼びし、毎回参加者からの質問が絶えない熱量の高いイベントとなっております。