ホーム リーダーシップ

リーダーシップ

毎週金曜日の朝、渋谷で開催している朝活型読書コミュニティ「朝渋」。 4月14日は、累計100万部を超えるベストセラーとなった『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』、『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』の著者であり、大手外資系企業に勤める河野英太郎さんをゲストにお招きして、イベントセミナー型の朝読書会を開催しました。 なぜ今、「学問のすすめ」の教えを学ぶべきなのかについてたっぷりと語っていただきました。 河野英太郎(こうの・えいたろう)さん 1973年岐阜県生まれ。日本アイ・ビー・エム株式会社。東京大学文学部卒業。同大学水泳部主将。グロービス経営大学院修了(MBA)。 大手広告会社、外資系コンサルティングファーム等を経験。2002年以降日本アイ・ビー・エム株式会社にて、コンサルティングサービス、人事部門、専務補 佐、若手育成部門リーダー、サービス営業などを歴任し、現在コグニティブ技術を活用した人材系ソリューションKenexa(ケネクサ)の日本展開担当。著書に累計110万部を突破した、『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』(以上ディスカヴァー)、監修書に『世界のエグゼクティブが学ぶ 誰もがリーダーになれる特別授業』(翔泳社)がある。 「学問のすすめ」はもっと多くの現代人に読まれるべき ーご出版おめでとうございます。今回「学問のすすめ」を現代語訳で出すことを決めたきっかけは何でしたか? 最近の日本において、社会の当事者として行動する人の少なさに問題意識を感じ、考え方を根本から変えていなくてはならないと思ったのがきっかけです。 そんな中で出会ったのが福澤諭吉の「学問のすすめ」でした。 もともとは、ウェブ進化論で有名な梅田望夫先生が勧めていたことがきっかけで「学問のすすめ」を手に取ったのですが、読んでみるとまさに今のビジネスパーソンに必要な内容だったのです。 この内容を世の中のもっと多くの人に知ってもらいたいと思ったのですが、堅い文章で現代人が読むには難しいため、わかりやすい表現やシチュエーションにこだわって訳しました。 「学問のすすめ」は日本で一番売れたビジネス書 明治初期の日本の人口が三千万人くらいの中で「学問のすすめ」は三百万部売れたとされているので、単純計算で十人に一人が手にしました。 今の日本の人口に置き換えたら、千二百万部くらい売れている大ベストセラーになるわけです。 それだけの人が手に取ったということは、身分の高かった士族だけでなく、町民階級の人々も読んでいるはずです。 ということは「学問のすすめ」に書かれている内容が当時の市民の日常生活においても必要なことだと世間が判断していたことになります。 当時の市民でも読める平易な文章で原書が書かれていたことを現代語訳でも再現したかったので、本の中で似顔絵を用いるなどして、中学生でも読めるレベルのわかりやすさになることを意識しました。 人間の差とは、学問をしたかどうかによるものである 百四十年前に書かれたとは思えない、現代でも必要なことが「学問のすすめ」には書かれています。 特に福澤諭吉が言いたかったことは次の三点です。 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」 人は生まれながらにして差があるわけではない。 その人が学問を学んだかどうかで、身分や結果に違いが出るだけである。 だからこそ、学び続けなくてはならない。 学問の中でも特に生活に役立つ「実学」にこだわって学ぶべきなのだ。 「当事者意識を持つ」 集団として強くなるためには、互いに依存しないことが重要である。 政府がおかしい場合には、それを選んだ国民自体にも責任がある。 他責にするのではなく、自分ごと化して考えましょう。 「衣食住で満足しない」 生活のことだけで満足していたら、蟻と同じレベルである。 人間として生まれたからには、文明を発展させるための努力をしなければならない。 最初はアドバイスから ー会社勤めをしながら本を出版する機会ってなかなかないと思うのですが、最初に本を出版されたきっかけは何だったのですか。 二千名くらいのメンバーを抱えるプロジェクトを担当していた時に、プロジェクトメンバーに対して仕事のコツをアドバイスしていたのがきっかけです。 毎週のようにtips(仕事のコツ)にまとめて教えていたら成果が出て大変好評になり、そこからメルマガでも配信するようになって、気づけば1万アクセスくらいいくようになりました。 これをもっと多くの人に向けて伝えることができれば、より社会的な意義があると思ったので、出版社に企画を持ち込んだのです。 本を出版したことで、自分の世界がかなり広がりました。 学んだことはきちんと発信する サラリーマンとして会社で働いている仕事以外に、複業として本を出版したり、グロービスの講師を勤めたりすることができるようになってからメリットが二つありました。 まず一つが、自分が正しいと思うことだけを行えるようになったことです。 働いていて、おかしいと思うことに従わなければいけないシーンがほとんどなくなりました。 なぜなら、たとえ明日会社をクビになっても生きていくことができて会社に依存しなくなることで、ポジションを気にせずにフラットな目線で意見が言えるからです。 また、結果としてそういった態度で仕事に臨んだ方が、会社にとってもプラスになると思います。 二つ目が、今日のイベントのような新たな繋がりを持つことができることです。 今回のこういったご縁があったのも外に発信してアクションを起こしてきたからです。 もちろん批判されたりして、辛いリアクションをされることもありますが、何か新しいことを始めて一歩踏み出してみると、後悔することはないです。 福澤諭吉も「学んだことはきちんと演説(発信)をしてアウトプットすることで、行動に落とし込むべきだ」ということを説いています。 独立することで自分の価値観に従って生きることができるようになり、結果として成果を残せるようになる。それを支えているのが学びであるからこそ、学び続けることが大切なんだということを身を持って感じました。 ファイティングポーズだけは崩さない ー河野さんは日々どのように学ばれていらっしゃるのですか。 自分の強みをあげるとしたら、自分自身を普通の人間だと捉えていることだと思っています。 必ずこうでなくてはいけないという考えを持っていないので、自分がやりたくないことはやりませんし、そういう自分に対して否定もしません。 「今日絶対何ページ本を読まなきゃ」のように変にプレッシャーを与えなくて済むので、なんでも気負いせずにできる気がします。 しかし、自分の中で「こうなりたい」という理想だけは変えず、ファイティングポーズだけは崩さないという姿勢をとり続けることを大切にしています。 自分の理想以外に関しては追い詰めすぎない。そうすることで、無理なく肩肘張らずに物事を新鮮に見られるようになる。 こうあるべきだという考えにとらわれず、シンプルに自分のありたい姿を忠実に求め続けています。 学問のすすめを読んで、何を実行するか ー最後に私たち読者に向けてメッセージをいただけますか。 「学問のすすめ」は実用を唱えている本ですので、読後に何かしら実行してもらうことを福澤諭吉も望んでいると思います。 本の良いところは、時代を超えてもメッセージを受け取れるところです。 残念ながらメッセージを返すことはできませんが、百四十年後のメッセージの受け手として、皆さん自身にも「何を実行するか」ということに関して考えていただき、議論していただければと思います。 現代語訳 学問のすすめposted with ヨメレバ福沢 諭吉 SBクリエイティブ 2017-03-17...
毎週金曜日の朝、渋谷・道玄坂で開催している会員制朝活コミュニティ「朝渋」。 8月18日は、『強みを活かす』の著者である、サイバーエージェント取締役の曽山哲人さんをゲストにお招きして、ワークショップ型の朝読書会を開催しました。 イベント内で実施したのは、新著『強みを活かす』内でも紹介されている「価値観9ブロック」と「キャリアライン」という2つのワーク。 人事として長年活躍されている曽山さんに「強みの活かし方」をわかりやすく教えていただきました。 曽山哲人(そやまてつひと)さん 株式会社サイバーエージェント取締役人事統括。上智大学文学部英文学科卒。株式会社伊勢丹(現・株式会社三越伊勢丹ホールディングス)に入社し、紳士服の販売とECサイト立ち上げに従事したのち、1999年株式会社サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業部門の営業統括を経て、2005年人事本部長に就任。現在は取締役として採用・育成・活性化・適材適所の取り組みに加えて、ソーシャルメディアでの発信なども行っている。 強みの源泉は自分の価値観 最初に実施したのが「価値観9ブロック」というワーク。 自分の大切にしている価値観をもとに、強みの源泉を見つけることができます。 やり方は以下の5ステップ。 ①ノートなどの白紙を用意し、3×3の9つのマスを書く ②真ん中のマスの中に自分の名前を書く ③残りの8つのマスに、「自分が大切にしている価値観」を書き出す ④周りの人と少人数のグループを作り、大切にしている価値観をシェア ⑤書き出した強みの中から「一つだけ力を入れて見るもの」に○をつける 「自分が大切にしている価値観」とは、自分の心に強く残っている信条や言葉のことです。 時間は3分程度に設定し、その時間内で思い出せるだけ書き出してみます。 そのときに全て埋まらなくても問題ありません。 とても簡単ですが、これだけで十分にその人の強みを知ることができます。 ポイントは、時間を短く設定して「大切にしている価値観」を考えること。 時間を長く設定すると、周りから評価される印象の良い自分を演出してしまいます。 短い時間で浮かび上がってきたものこそが日頃から意識している価値観であり、自分自身の強みの源泉と言えるのです。 価値観が自分の強みになるのか疑問に思う人もいるかと思います。 しかしワークを実践すればわかりますが、書き出す内容は人によって十人十色。 一人ひとり大切にしている価値観は、想像もつかないほどバラバラです。 つまり自分の大切にしている価値観に関して、自分は他の人よりも多く考えていることになるわけです。 それだけで他の人にはない個性であり、競争優位となる強みの源泉となります。 強みの源泉となる8つの価値観を書き出せたら、それをグループ内でシェアするとさらに効果的です。 話題が見つかることで会話が弾むのはもちろん、価値観がわかることで相手に対して興味を示すことができます。 お互いの理解が深まり共通項が見つかることで、より密な信頼関係が築けます。 最後に、8つの中で特に一つだけ、力をいれてこれから伸ばしたい強みを決めます。 決まったらその強みに○をつけ、日常の中でどのように意識して使っていくかを考え、ブロックの余白に書き出します。 自分の強みは日々の生活の中で意識して実践することで、さらに磨かれていきます。 これまでのキャリアから見えてくる強みと弱み もう一つ実施したのが、「キャリアライン」というワーク。 これまでの自分の人生のストーリーから自分の強みと弱みを見つけ出していくものです。 やり方は以下の4ステップです。 ①ノートなどの白紙を用紙し、上下を二分割して、横に一本の線を引く ②横を「時間軸」、縦を「成長」とし、幼少期から現在に到るまでの成長変換を一本の線で描く(真ん中の線より上であれば「飛躍」、下であれば「苦労」になる) ③キャリアラインから見える自分の強みと弱みを書き出す ④周りの人と少人数のグループを作り、強みと弱みをシェア 我々が持つ強みと弱みは、いくつか先天的なものもありますが、ほとんどが人生の中で磨かれたものです。 たとえば、上に登っている飛躍の経験で磨かれた強みや苦労や逆境の中で露呈した弱み。 自分のキャリアラインを使って振り返ることで、自分の育った背景の中で出た特徴に向き合うことができるのです。 そしてまた、自分一人で客観視するだけでなく、上司や仲間と一緒にこのシートを使って議論することで、お互いの理解が進み共感し会える関係性になります。 ワークショップ形式だったことで、いつも以上に朝から活気に溢れたイベントとなりました。初対面だった参加者同士がお互いの強みを理解しあうことで打ち解けていき、最後には各々のビジョンを楽しげに語り合っている姿がとても印象的でした。 今回、曽山さんに紹介していただいた2つのワークは、今まで気づいていなかった新たな強みが見つかるだけでなく、相手との関係性も良くなる素晴らしいものでした。 イベントに参加できなかった方も、ぜひともこちらのワークをお試しください。 そして、さらに詳しく「強みの活かし方」を学んでみたくなった方は、曽山さんの『強みを活かす』をご覧ください。 強みを活かす (PHPビジネス新書)posted with ヨメレバ曽山 哲人 PHP研究所 2017-07-19 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo ...

人気の記事