ホーム リーダーシップ

リーダーシップ

毎週金曜日の朝、渋谷・道玄坂で開催している会員制朝活コミュニティ「朝渋」。 7月21日は、先月発売された話題のビジネス本『人生の勝算』の著者である、SHOWROOM代表取締役社長の前田裕二さんと幻冬舎の編集者である箕輪厚介さんをゲストにお招きして、イベントセミナー型の朝読書会を開催しました。 前田裕二(まえだゆうじ)さん SHOWROOM株式会社代表取締役 1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。株式市場において数千億〜兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。その後、0→1の価値創出を志向して起業を検討。事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった株式会社DeNAのファウンダー南場に相談したことをきっかけに、13年5月、DeNAに入社。同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年8月に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。 箕輪厚介(みのわこうすけ)さん 1985年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、2010年に双葉社に入社。広告営業を手がけるかたわら、2013年に『ネオヒルズ・ジャパン』与沢翼を創刊。2014年から編集部に異動。『たった一人の熱狂』見城徹、『逆転の仕事論』堀江貴文などを担当し、2015年幻冬舎に入社。 制約があったからこそ、『人生の勝算』はいい作品になった ーご出版おめでとうございます。『人生の勝算』を出版されてからのご状況はいかがですか? 前田さん:本を出版してから人前で話す機会が増え、改めてアウトプットの大切さを感じています。 メモや日記を一ヶ月前と見比べてみると、忙しさは増したにも関わらず、インプットの量と質が上がっていたのです。 忙しい時ほど無意識のうちにアウトプットを前提としたインプットとなり、生産性が向上するため、忙しくても発信し続けた方がいいと思います。 箕輪さん:執筆期間中、前田さんと家族よりも密に話ができたことが貴重でした。 「天才の側で、お互いに高め合える」という意味で、編集者は最強の職業だと思います。 『人生の勝算』の編集に関しては、スケジュールなどの制約が多く、非常に大変でした。 しかし持論ですが、苦しんだ方が良い作品ができると思っています。 産みの苦しみとも言いますが、トラブルが起こりスムーズにいかない原稿の方が魂が乗る気がします。 反対に、スムーズに書き上げられた本は、あまり売れないことが多いです。 今回の『人生の勝算』も制約があったからこそ、いい本になったと思っています。 締め切りまでの時間が短かったため、LINEで連絡を取り合いながら、4日くらいで原稿を書き上げていただきました。 前田さん:たしかに成長する上で、「先に制約を作ってしまう」のは良い方法だと思います。 僕も学生時代に英語を本気で身に付けたくて、話せないにも関わらず、英会話スクールの講師をやりました。 先生として教えなくてはならない立場だったので、何が何でも勉強する。 強制的にアウトプットしないといけない状況に自分を追い込んだことで、一気に自分のレベルを引き上げることができたのです。 そういう理由で、成長するために先に制約を作ることはおすすめです。 そして、可能であれば義務感から生じる「やらなくてはならないこと」よりも「ワクワクしてやれること」を選ぶと、なお良いと思います。 他者への想像力を働かせることの大切さ ー今でこそ箕輪さんの影響力は凄く、誰にでも執筆のオファーが出せると思うのですが、有名になる前はどのようにアプローチされていたのですか? 箕輪さん:昔から自分の身の丈など気にせず、気になる人がいたら恐れずにアプローチしていました。 凄い人であっても、僕らと同じように普通に生活している。 自分に才能がないと思い込んで、同じレベルの人と付き合っているうちはその殻を破れない。 結局、自分のレベルを設定してしまっているのは自分。 身の丈など気にせずに、自分よりレベルが上の人のもとにもガンガン行くべきです。 ただし、他者への想像力を持って仕事をすることも大事です。 作家さんによっては、最初の連絡時からガッツリと仕事モードでアプローチしてしまうと断られてしまう場合もある。 なので最初は相手と仲良くなるために、想像力を働かせて相手が喜ぶような話題からアプローチするようにしています。 前田さん:他者への想像力を働かせることは大切だと僕も思います。 しかし、普段僕らが何にも意識せずに生活している時には、自分の論理が作動し他者の視点で物事を捉える力が欠けてしまいます。 他者への想像力を持ち続けるためには、自分の中に原動力を持つことが必要です。 僕の場合は愛情ですが、何でもよいので、他者に興味関心を持てる原動力を持つことが大事です。 ーそれはまさに、本にも書かれていた「人生のコンパスを持つ」という話ですよね。原体験や逆境がなく、「原動力が持てない」という方には、どのようにアドバイスされていますか? 前田さん:たしかに、「前田さんにはエピソードになるような原体験があっていいですね」とよく言われますが、そういうことではないと思います。 どんな人でも、自分について徹底的に考えれば、モチベーションを見出す方法はあります。 たとえば、「恵まれた環境で育ったこと」が逆にコンプレックスで、モチベーションとなってっている方もいます。 「逆境がないこと」を逆境と捉えて、モチベーションにする。 この方のように、考え方によってモチベーションはいくらでも作れます。 原体験がないからと悲観するのではなく、きちんと自分と向き合い、内省する時間を持つことが大事です。 自分の人生に関わってくれた全ての人を幸せにしたい ー最後にメッセージをお願いします。 前田さん:今度、キングコングの西野さんと五反田に「キャンディ」というスナックを作ることになりました。 「本屋よりもスナックの方が本が売れるのではないか」と僕らは考えています。 なぜなら、物の購買理由が物そのものの価値ではなく、誰が紹介しているかに変わっているからです。 『人生の勝算』にも書きましたが、スナックほどエンゲージメントが高く、密に繋がれる場所はない。 これからの時代に重要なのは、エンゲージメントと信頼の高さ。 フォロワー数に関わらず、ファン一人一人に真摯に対応し、エンゲージメントを高めていくことが大切になります。 今日のイベントもそうですが、自分の人生に関わってくれた全ての人が幸せになるように、恩返ししていきたいです。 人生の勝算 (NewsPicks Book)posted with ヨメレバ前田 裕二 幻冬舎 2017-06-30 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo ...
渋谷道玄坂で開催している朝活コミュニティ「朝渋」。 8月10日(木)は『40歳が社長になる日』の著者であり、株式会社プロノバ代表取締役社長の岡島悦子さんをゲストにお招きして『著者と語る朝読書会』を開催しました。 岡島悦子(おかじまえつこ)さん 株式会社プロノバ代表取締役社長 経営チーム開発コンサルタント、経営人材の目利き、リーダー育成のプロ。 年間200名の経営トップに対し、経営課題と事業ステージに合致した「最適な経営チーム」を特定し、後継者登用・外部招聘・経営者コーチング・経営者合宿等支援サービスをハンズオンで提供。経営者やファンド等の株主から「経営×人」領域のディスカッション・パートナーとして絶大な評価を受けている。また、「日本に"経営のプロ"を増やす」ことをミッションに、経営のプロが育つ機会(場)を創出し続けている。三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー、グロービス経営陣を経て、2007年プロノバ設立。アステラス製薬、丸井グループ、セプテーニ・ホールディングス、リンクアンドモチベーション、ランサーズの社外取締役。グロービス経営大学院教授。経営共創基盤やグロービス・キャピタル・パートナーズ等、多数企業の顧問・アドバイザー、政府委員会メンバー、NPO理事等、多数の役職を歴任。ダボス会議運営の世界経済フォーラムから「Young Global Leaders 2007」に選出される。 「大企業の社員は、打席に立たずに筋トレしすぎ」 
私はプロノバというコンサルティング会社を経営しており、日頃から経営者と二人三脚で、大企業の経営人材育成をお手伝いしているのですが、大企業に勤める30代・40代社員の目が死んでいるなと感じます。 たしかに、大企業に勤める人の多くは、経営についてよく勉強していて知識も豊富です。 しかし、実際にその知識を現場で実践しているわけではありません。 「なんちゃってコンサル」のように自社の経営方針などにケチをつけているだけの人が多いように感じます。 野球で例えるならば、「試合に出たり打席に立ったりせずに、筋トレだけしている」ような状態。テレビの画面越しに、試合の様子を評論しているようなものです。 実際に試合に出たことが無いので、試合への指摘は視座の高いものではなく、芯を食っていません。 そのような方々を拝見すると、「それだけパワーが余っているなら挑戦してみようよ」と感じて仕方ありません。 スポーツ界では2020年の東京オリンピックなど未来を見据えて、次世代の若い選手にもチャンスを与えて試合感を養わせるための仕組みができ始めています。 しかし、ビジネス界にはそういった未来を見据えた体制が全然できていない。 こんなに社会が変わる潮目となりそうな時代に、デジタルネイティヴと呼ばれている若い世代が、自分たちより上の世代が詰まっているためにチャンスをつかめずに悶々としているのはもったいないです。 『40歳が社長になる日』は、そんな状況に対して啓蒙する、ある種「世直し本」だと思って書きました。 若いうちから修羅場を経験させて適性を見極める 
ここ数年で大企業でも、次の社長選びのための戦略的計画、いわゆるサクセッション・プランニングが加速し始めています。 そうした計画の中で多くの企業が実施しているのは、優秀な人材の「早めの修羅場体験」への登用です。 具体的には、経営幹部育成研修によって次世代のリーダー候補の母集団を選抜し、そういったポテンシャルの高い人材を子会社の社長など、意思決定せざるをえない環境に送り込んで実地の経営経験を積ませ、適性を見極める、というような一連の取組みが起こっています。 これは、いわば芸能事務所のアイドル育成のようなイメージかと思います。 デビューする前に、スターグループのバックで踊らせ、光っている次世代メンバーを見極めてユニットを組んでおく。 早い段階でポテンシャルを見極めて登用し、「経営トップ適性がある人材」を複数作り上げ、社長交代のタイミングで「次の社長に最適な人」を必然的に輩出できる、そんな戦略的計画が必要です。 上司の脳内検索に引っかかるだけのアピールをする
 そして、社員もただ待っているだけではチャンスは回ってきません。 スポーツ選手もアイドルも、チャンスを掴む人は皆、何かしらのアピールをして自ら機会を取りに行っています。 チャンスが来た時に、登用を行う上の人の脳内検索に自分が引っかかる、想起されるだけのアピール材料となるもの、つまり私が「キャリアのタグ®」と呼んでいる、言語化された自身の「強み」が必要です。 アピールの仕方を考えることも重要で、ただ単に「自分はこれができます」と伝えるのでは効果がありません。そうではなく、社内やチームにおける自分のタグの希少性や市場性を意識し、上の人が自分を選びたくなるようなアピールの仕方を取りましょう。 「そもそも自分の強みがわからない」という人もいるかと思います。 そういう人は、例えば、まずは面倒臭がって誰もやりたがらない仕事を率先してやってみる、というのも一手かと思います。そういう仕事は獲得競争が激しくないことが多いので、そこで機会を得て成果を残し、自身の強みを確立して行けばよいのです。 自分を引き上げてくれるのは、必ずしも直属の上司というわけではありません。 思わぬところから声がかかることもあるので、社内で全国区の知名度になることを目指して努力しましょう。 「働いていて幸せ」と思える世界観にしたい 丁度、今がAIの発達などにより社会が大きく転換していく節目のタイミングであり、絶好のチャンスが誰しもに訪れています。そうした時代にリーダーシップを養うためには、失敗も含めて、意思決定をする経験がとても重要です。 「いいタイミングに生まれた」と思って、自信をもって積極的に打席に立っていきましょう。打席に立って意思決定の経験を積み、早めに健全な自信を養えば、自分自身のキャリアに主導権を発揮していけると思います。 そして、私も「2025年に日本の大企業にも40歳社長が多く誕生する」ことを目指して、仕事に取り組んでいます。その頃に社会がどうなっているのか、未来の予想をするのは難しいですが、どうなっていたとしても、働いていて「楽しい」と思える仕事に就くことが大切だと思います。 「いつか自分の仕事がAIにとって変わられるのではないか」という不安を抱えながら仕事を続けるのは、辛いと思います。そうではなく、「仕事をしていて幸せ」と思えて、楽しんで働けている、そんな世界観になったらいいです。 この本が、多くの人がそんなことを考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。 ありがとうございました。 『40歳が社長になる日』 40歳が社長になる日(NewsPicks Book)posted with ヨメレバ岡島 悦子 幻冬舎 2017-07-29 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo...

人気の記事