みなさん、おはようございます!

外はすっかり寒くなり、冬の足音がしてきましたが、「布団から出たくないな…」と朝起きるのが辛くなってきた方も多いのでは?

今回は、朝渋で早起きしてる3人の女性の充実した早起きライフをご紹介!
こんなふうに過ごせるなら、寒くってもお布団の中で二度寝してる時間がもったいない!と思ってもらえるはず。

それでは、早速「アサトーーク!」の模様をお届けします。

司会は前回に引き続き、このお2人。ほんだしさんと、やまゆ~さんです。
軽快な話しっぷりに、場が和みます。まずはちょこっと、お2人の紹介を。

(左)ほんだしさん(@koichiroh_
地域密着webマガジン「鎌倉新聞」編集長。朝渋では鎌倉で様々なアクティビティを行う「鎌倉部」部長。

(右)やまゆ~さん(@yamayamayu0111
某都道府県庁職員で朝渋3期生。グルメ好きが高じて食べログ掲載の店1000件食べ歩き、ブックマークは1700件突破。

朝渋で活躍しているお2人が進行してくれたおかげで、スピーカーの3人もちょこっと緊張をゆるめて、笑顔で話してくれました。

自分の「好き」を早起きで取り戻せた

まずは、ゆぴちゃん(@milkprincess17)です!(17歳なのでちゃん付けで呼ぼうと思います)社会人経験も積んでいる、永遠の17歳。時空をあやつる少女。現在、新R25のライターとして活躍しています。

まずは、そんな彼女が得意な絵を描いて作った紙芝居を、頭の中に日本昔ばなしのBGMを流しながらご覧ください。

「昔むかしあるところに、クソ夜なべ人間の17歳の女の子、ゆぴがいました。彼女は夜中の2時に寝て、毎朝9時半くらいに起きて会社に行く生活をしていたのです」

「その頃のゆぴは基本待ち合わせに遅刻。会社に行っても眠くて仕方がない。そんなクズのような生活を送っていたのだそうな」

「週3回の飲み会、てっぺんまでの残業。その負債を解消するために休日は13時ごろまで寝る、バッドな生活。ふと、ゆぴは気づきます」

『あれ?私何もしてなくね?』

「ゆぴには夢がありました。10年間続けていたブログを書くこと(時空の歪みには目をつむりましょう)、声優になること、お絵かきをすること。その大好きなことを、全然していなかったのです」

「ゆぴは思いました。『変わらねば』と。同時に思いつきます。『とりま早起きすれば何とかなるんじゃね?』そこで朝渋に参加することになりました」

「今ではめっちゃ早起きになり、月1だったブログの更新は、何と朝時間を使うことで月15本に。PVも声優のレッスンのために練習する時間も作れて、学校の先生にも褒められるようになりました」

「それだけではありません。朝渋の著者イベントでグラレコをしていたら、SNSでたくさん拡散されて、絵のお仕事が来るようになったのです」

「いいことがいっぱい起きました。やっと、ゆぴはブログ・声優・イラストの夢への道筋を作ることができました」

「みんなも早く朝渋で早起きして、やりたかったことを思い出してください。おしまい」

個性が光るパワーポイントに、会場は拍手喝采の大盛り上がり。

笑顔の参加者を前に、ほんだしさんとやまゆ~さんが、17歳について深掘りしていきます。

「なぜ17歳を名乗るの?」
「その理由は?」 

笑顔の会話のなかから、彼女の信念と力強さがうかがえます。

長くなるので、よければ彼女のこちらの記事をチェックしてみてください。

【17歳】ディスってもいいよ。いしかわゆきが永遠の17歳でいる理由

袖をまくったり、髪をさわったり、常に動きながら話すゆぴちゃん。表情もくるくる変わって、一瞬たりとも同じゆぴちゃんはいない。本当に少女のよう。

好きなことができてなくて自信のなかった少女は、「好き」と「やってみよう」から、どんどん経験を積み重ねてきて。それに見合った自信を少しずつ集め、大切に抱きしめているように見えたのが印象的でした。

朝渋はやりたいことを、思いっきりできる場所

ゆぴちゃんの面白プレゼンのあと、ちょっと緊張した面持ちのこくえりさん(@ricooo_xx)が登場。

8月の部活賞を受賞され、今回のスピーカーになりました。可愛らしくて、つぶらな瞳がキラキラした方です。

「ゆぴちゃんと違って真面目な発表しかできない…」とちょっぴり弱気な彼女に「たまには真面目に行こう」とユーモアたっぷりな司会のお2人。

その笑顔に後押しされて、こくえりさんのトークがはじまりました。

普段は留学サービスのマーケティングやPRをしているこくえりさん、朝渋に入ったことがきっかけでウクレレをはじめて弾けるようになってきたのだそう。

「一石四鳥だったから」こくえりさんはまず朝渋に参加した理由を、こんな風に切り出しました。

1.会社と別の、刺激しあえる仲間がいる環境
2.仕事に役立つインプットが増やせる
3.つまみ食いしながらハマる趣味を見つけられる
4.もにさん(中村朝紗子さん)に会える

ずっとSNSで気になっていたもにさんがきっかけで朝渋に入り、近くでお話できることだけでも嬉しかったのだとか。

そして実際に朝渋で活動してみると、仲間と一緒に『部活動』という形で色々な体験をしてウクレレに出会うことができ、ちょっと人とは違う趣味が見つかって…と、とても充実感あふれる笑顔のこくえりさん。

綺麗にまとめた『部活動』のグラフを見せてくれました。

こくえりさんは48個中の28個の部活に参加。
その数に会場の参加者から、驚嘆の声が上がります。

ウクレレだったら、プロ奏者のSHINさんが。
ストレングスファインダーだったら、コーチングのプロ中村勇気さんが。
自分が得意なものをみんなのためにアウトプットしている。

ギブしてもらったものを、私も返していきたい。
そう考えて、こくえりさんは企画やアウトプットもするようになったのだそうです。

8月の部活賞に選ばれた理由にもなった、『モーニング夏祭り』。
ダンス部の部長としてプロの盆踊りの講師の方を招いて企画しました。

その際には、自らいろんな人に協力を依頼。

・朝渋の料理長である折田拓哉さん
・ウクレレ部をしているSHINさん
・いるだけで場を華やかにしてくれるもにさん
・プロのカメラマンのアヤトくん

豪華なコラボレーションでおそらく日本で初めての?楽しい朝のお祭りになりました。ダンス部は普段5人ほどですが『モーニング夏祭り』には25人以上の朝渋メンバーが集まりました!

さらに、夏祭りのイベント用に作ったサムネイルを褒めてられたことをきっかけに、デザインを勉強を始めます。

今では朝渋公式のイベントのサムネイルバナーを5時こーじさんに依頼されて手がけています。朝渋メンバーから会社のバナー作りをお願いされたりもしているのだそう。

こくえりさんは最後にこんな風にまとめてくれました。

「やりたいことがあってもアウトプットする機会はなかなかない。
 朝渋ではやりたいことをすれば褒めてもらえて、もっと頑張ることができる。
 やりたいことがあったら、みんなにも思いきってやってみてほしい」

はにかむこくえりさんの、見た目のふんわりした可愛らしさに反して、強い思いのこもった言葉。その行動力は、今や朝渋になくてはならないもの。

これからもたくさんのインプットとアウトプットを朝渋で叶えていきましょう!

「おしゃれをつくる」という仕事の幅が広がった

最後に登場したクールビューティー、難波蘭さん(@rantee_beauty)。OLを経て、現在はイメージコンサルタントのお仕事をされています。

大人っぽくて美しい。お洋服やアクセサリーもとてもご自身の雰囲気に合っています。9月にプライベートサロンをオープンさせ、すでに女性に人気があるのもうなずけます。

蘭さんは『朝の夢叶えたろか企画』に応募し、見事に2万円を使って夢を叶える権利を手にしたのです。

彼女の夢。それは『5時こーじのイメージコンサルタント』です!

イメージコンサルタントとは「あなたの魅力を発見しそれを最大限に引き出す人」だと蘭さんは言います。見た目をコンサルティングするために行うのが以下の診断。

①顔タイプ診断
②パーソナルカラー診断
③骨格診断

この3つを使ってその人だけが持っている魅力を見つけて、おしゃれになる方法をアドバイスするのがお仕事です。おしゃれをして外見に自信を持ってもらうことで、人生を前向きにするきっかけづくりができればと蘭さんは語ります。

今回『朝の夢叶えたろか企画』に応募したのは、ずっとメンズのコンサルティングをやってみたかったから。

早起きを報告しあうメッセンジャーのグループで、メンバーのメンズに似合いそうな服の写真を勝手に送っていたことがきっかけで、今回採用に至りました。

蘭さんは「おしゃれは理論で作れる!」と提唱。自分が経営しているサロンで5時こーじさんを診断していきます。

その結果を元に、その人に合う「テイスト」や「素材」などを選びます。

似合う服が判明したら、いざショッピング!

5時こーじさんが著者イベントで着る服を、一緒に買いに行った写真を見せてくれました。とても似合っていますし、著者イベントでのファシリテーターをする姿もバッチリ決まっていました。さすがです。

もともと「ビジネスの話ができる仲間が欲しかった」と話す蘭さん。英会話部などの部活動に参加してみたり、自分のサロンに朝渋メンバーが診断を受けにきてくれたり、早起きを満喫しているとのこと。

朝渋に入ったことで、朝活メニューとして朝7時からの診断も行なっています。

また、とある朝渋メンバーがサロンのことを記事に書いてくれたおかげで、もう2ヶ月先まで予約がいっぱいなのだそうです。朝渋メンバーの力の凄さを感じます……!

毎月実施している『朝の夢叶えたろか企画』。次は誰がどのような夢を叶えるのか?

朝渋メンバーは誰でも企画を提案することができます。最近入ったメンバーも、これから入ろうかなと思っている方も、ぜひチャンレンジしてみてください!

【結論】朝渋で、人生が明るく変わった

今回のスピーカー美女3人の人生が、朝渋でとてもいい方向に進んでいるのがわかりました。参加者もみんな朝の7:30から元気いっぱい!全力で楽しんでいました。

朝渋は簡単に言えば、早起きをするコミュニティです。これだけ聞くと、ちょっと変わってますよね。

しかし、早起きは手段でしかありません。みんながやりたいことをやる時間を朝に創り出して、それぞれの「好き」を実現させています。

みなさんは、いかがですか。
今の「好き」はちゃんと見えていますか。

ちょっと立ち止まって、ゆっくり自分の心に耳を澄ませる。諦める理由は一度すべて横に置いておいて、「やりたい」をまっすぐ見つめる。

そんな大切な時間をつくるなら、朝のやわらかい光の中が、最高のシチュエーションなのではないでしょうか。

自分の心が分からなくて迷ってしまうときも、朝渋なら大丈夫。
きっと朝から明るい仲間とふれあい、たくさんの部活動に参加するうちに、心を動かすものに巡りあうはずです。

早起きが人生を明るくする。そんなこともあると知っていただけたらうれしいです。

それでは、また!

Text by くりたまき(@KURICOPY
Photo by 大平理恵子(@rie_cco_desu

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

★朝渋のFacebookとTwitterはコチラ!よかったらフォローしてください!
Facebook /Twitter

★参考記事:
早起きすれば“自分の軸”で生きられる。5時こーじが語る「朝活の魅力」が想像以上だった(新R25)
「スタートアップのCEOこそ、朝5時に起きるべき。」渋谷発の朝活コミュニティ「朝渋」プロデューサー、井上皓史さん (HARES.jp)

 

朝渋は新メンバーを募集中です。
興味のある方は下記リンクをご確認ください!
https://note.mu/kojijico/n/n81dd2c663d26