年間6,000人を動員する、渋谷で大人気の朝活「朝渋イベント」。ベストセラー作家から経営者まで、超豪華ゲスト陣が早起きのバトンをつなぐ「朝渋week」。12月より、チケットの販売を開始いたしました。

 

​「朝はあなたの可能性が目覚める時間」をビジョンに掲げる朝活コミュニティ「朝渋」は、「朝渋イベント」特別編として、12月16日(月)〜20日(金)の朝7時30分から、5日連続で豪華ゲストをお招きしたトークイベント「朝渋week」を渋谷・道玄坂のBOOK LAB TOKYOで開催いたします。

 

「朝渋イベント」とは?

朝渋では、朝7:30から渋谷・道玄坂のブックカフェにて、新刊の著者を中心に、話題の経営者やスポーツ選手など、豪華ゲストを招いたトークショー「朝渋イベント」を定期開催しています。昨年のイベント動員数は6,000人を達成、イベントはのべ120回を上回るなど、渋谷の朝における大きなムーブメントとなりつつあります。

「朝渋week」は、そんな朝渋イベントの特別編。忘年会や仕事納め、慌ただしい師走の半ばに、あえて開催する「朝渋week」を、来る2020年に向けての機運を高める場として、ぜひご活用いただけますと幸いです。

「朝渋week」のラインナップ

12月16日(月)

『OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める』
著者・北野 唯我さん

ベストセラー『転職の思考法』『天才を殺す凡人』などの著者であり、ワンキャリア最高戦略者の北野唯我さん。新刊『OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める』の内容をもとに、楽しくチームで働くために、一人ひとりができることは何かを考えます。

https://peatix.com/event/1383336/

 

12月17日(火)

『悩んでも10秒 考えすぎず、まず動く! 突破型編集者の仕事術』
著者・松田 紀子さん

出版業界における異例の快進撃と復活劇の立役者となった「レタスクラブ」編集長の松田紀子さん。著者『悩んでも10秒 考えすぎず、まず動く! 突破型編集者の仕事術』の発売を記念して、松田さんの書籍や雑誌をヒットに導く「編集力」について、どのような日々の習慣があるのかをお聞きします。

https://peatix.com/event/1387182/

 

12月18日(水)

『科学的な適職〜4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方〜』
著者:鈴木祐さん

ベストセラー「最高の体調」著者のサイエンスライターの鈴木祐さん。新書『科学的な適職〜4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方〜』の発売を記念して、もう迷わない! 後悔しない! 選択肢が多い時代の人生設計術についてお聞きします。

https://peatix.com/event/1383340/

 

12月19日(木)

『やりたいことなんて、なくていい。』
著者・伊藤羊一さん

ベストセラー「1分で話せ」著者のYahoo!アカデミア学長、伊藤羊一さん。著書『やりたいことなんて、なくていい。』の発売を記念して、Yahoo!アカデミア学長が教える、「心から納得できるキャリアの歩み方」についてお聞きします。

https://peatix.com/event/1383347/

 

12月20日(金)

『私だけの選択をする22のルール あふれる情報におぼれる前に今すべきこと』

著者・ハヤカワ五味さん

大学在学中から数々のアパレルブランドを立ち上げ、デザイナー・起業家として注目を浴び、テレビやラジオのパーソナリティとしても活躍するハヤカワ五味さん。はじめての著者『私だけの選択をする22のルール あふれる情報におぼれる前に今すべきこと』の発売を記念して、ハヤカワさんのこれまでの歩みと、生き方を決めた原点をお聞きします。

https://peatix.com/event/1383346/

 

すべて
時間:7:30-9:00(7:10開場)
場所:BOOK LAB TOKYO(〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7 新大宗ビル1号館 2F)

【参加方法】
ご参加を希望する日程のそれぞれについて、「朝渋」Peatixよりお申し込み下さい。
https://peatix.com/group/74169/

 

「朝渋week」にかける想い

「朝渋は、早起きの習慣化を目指すコミュニティですが、本当のゴールは「早起きの成功」に限らず、「自分軸で生きる」ための第一歩を1人でも多くの人に踏み出して欲しいと願っています。残業、満員電車、飲み会など周りの目を気にして、世の中的な「当たり前」に飲み込まれるのではなく、自分で立てた旗を守り、本音に従って生きる人を増やすことが、自分の使命です。一度きりの人生、自分自身を経営するきっかけとして「早寝早起き」の習慣を身につけるきっかけとして、今回の「朝渋week」を役立ていただけると幸いです」(5時こーじ(井上皓史))

©︎2020 朝渋 All Rights Reserved.