本記事は朝時間.jpへ寄稿したコラムの転載です。

 

朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのまきです( @sakura_re28 )。

突然ですが、皆さんには “ついつい言ってしまう口癖” ってありませんか?以前の私は「時間がない!」というのが口癖。「チャレンジしたい!」と思うことがあっても、仕事やプライベートの忙しさを言い訳に一歩を踏み出せない日々を過ごしていました。

しかし、夜型→朝型になったことをきっかけに、半年で3つのことにチャレンジし、それらを習慣化できました。今日は私がおすすめしたいこの「早朝チャレンジ」(勝手に命名!)についてご紹介します。

 

「早朝チャレンジ」のメリット

目覚まし時計と新聞

まず私が考える「早朝チャレンジ」のメリットは、大きく2つあります。

 

1. 失敗した場合も、ポジティブに受け止められる

2. 自分のペースでできる

 

初めてのことって、「最初から上手くいかない…!」なんてこともありませんか?

だけど、大丈夫!

朝のチャレンジだと時間に余裕があるので、そこからのリカバリーが可能です。夜よりも朝のほうが「そんなこともあるよね!」と、気持ちを切り替えやすい傾向も(※個人差があるかも!)

また、朝の時間は、他人の影響を受けにくいこともメリットの1つ。日中~夜の時間よりも活動している人が少ない印象なので、集中して取り組むことができます!

 

大の苦手「英語」も克服!?

英語の勉強をするイメージ

そして、私が早朝チャレンジによって習慣化に成功したのが、以下の3つです。

 

1. インプット⇔アウトプットのサイクル

2. ランニング

3. 英語の勉強

 

どれも、以前の私が「やりたい!でも、時間がない…」と、後回しにしてきたものたちです。特に、「英語」は学生時代から大の苦手。社会人になってからは、色々なものにちょっとずつ手を出してきましたが、どれも見事に挫折してきました。

そんな私も、今では朝6時から「オンライン英会話」を受ける→「英語日記」で振り返り、という習慣がしっかり身についています。

今ではなんと、英語に対する気持ちが「苦手」→「楽しいかも?」に変わりつつあります!

 

「時間がない!」は、早起きで解決するかも

最後に、「時間がない!」が口癖だった昔の私に、今の私が伝えたいのは…

「それ、早起きで全部解決するよ!」

という言葉。

朝渋・代表の5時こーじさん( @kojijico )もよくお話していますが、早起きをきっかけに「自分の時間軸」で生きられるようになったと実感しています。

「時間がない!」が口癖だった昔の私は、「他人の時間軸」で生きていた人でした。でも、「自分の時間軸」で生きられるようになった今、確実に言えるのは、「昔」よりも「今」の私が大好きということです。

もし同じような悩みを抱えている方がいたら、ぜひ「早起きチャレンジ」を試してみてください。

 

まきさんのプロフィール

朝渋メンバーのまきさん

東北生まれ。大阪、名古屋などに住み、現在は、東京都在住。医療関係の編集者として働く。焼き鳥とシメサバを、こよなく愛する。

Twitter:@sakura_re28
note:https://note.com/maki_re_sakura

朝渋で、早起きをはじめよう

朝渋は、日本最大級の朝活コミュニティです。本気で早起き習慣を身につける「朝渋KNOCK」と、 仲間と朝活を楽しむ「朝渋コミュニティ」をご用意しています。

▼朝渋コミュニティ

メンバーがさまざまな朝の部活動を主催する、日本最大級の朝活コミュニティ。年齢や職業の壁を超え、朝で繋がる前向きな場所は、人生を変えるサードプレイスに。朝活から、日々をもっと色鮮やかに過ごしたい方はお待ちしています!

【朝渋】早起きを楽しむ朝活コミュニティ

 

 

メディア掲載

©︎2020 朝渋 All Rights Reserved.